愛媛新聞ONLINE

2021
37日()

新聞購読
新規登録
メニュー

実戦意識、激しくプレー

FC今治 今季初の全体練習

2021年1月23日(土)(愛媛新聞)

今季初練習に臨んだFC今治の選手=夢スタ

今季初練習に臨んだFC今治の選手=夢スタ

 J3参戦2年目のシーズンに挑むFC今治は22日、ありがとうサービス.夢スタジアムで今季初の全体練習を行い、選手21人が3月14日の開幕に向けて汗を流した。

 

 約30分間のミーティング後、午前10時にランニングやパス回しなど軽めの運動でスタートした。次第にトレーニングの強度を上げ、最後はピッチの約3分の1を使ってミニゲーム。選手は開幕スタメンをつかもうと、実戦さながらの激しいプレーも交えて特長をアピールしていた。

 

 これまでに発表された新加入7人全員が参加。今季J1の福岡から期限付き移籍したFW東家は「J3得点王が目標。シュートセンスは誰にも負けない」と自信をのぞかせ、今治東中教校から入団したFW高瀬は「早くチームになじみ、試合に出てゴールを決める」と意気込みを語った。

 

 就任2年目のリュイス監督は「多くの勝利をつかみ、勝ち点を積み重ねて昨季より上の順位を目指す。選手には2週間前から筋トレなどのメニューをそれぞれ与えており、良い状態で来てくれた」と手応え。今後の補強については「まだ終わっていない。数人が加わる可能性がある」と含みを持たせた。

 

 FC今治は31日に今季の方針発表会を開き、2月6日に県総合運動公園ニンジニアスタジアムで開かれる「えひめサッカーフェスティバル」で愛媛FCとトレーニングマッチを行う。13~24日には恒例の宮崎キャンプで仕上げに入る。FWレオミネイロやDF丁ら母国に帰国していた外国籍選手も、キャンプまでに合流する見通し。

 

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。