愛媛新聞ONLINE

2021
32日()

新聞購読
新規登録
メニュー

25日から

大洲喜多急患センター 軽症者受け入れ 木・日曜に縮小

2021年1月22日(金)(愛媛新聞)

 大洲市は21日、休日や夜間の軽症患者を受け入れる大洲喜多休日夜間急患センター(同市東大洲)の診療時間を25日から当分の間、縮小すると発表した。新しい診療時間は、木曜の午後8~11時と日曜の午後5~9時。最近の利用状況を考慮した医師の負担軽減のためとしている。

 

 センターは現在、平日と土曜が午後8~11時、日曜が午前9時~午後6時と午後8~11時(日曜以外の祝日は午前9時~午後6時のみ)で運営している。木曜と日曜以外は2次救急輪番の当番病院が対応する。

 

 喜多医師会によると、センターは軽症患者の受け皿として、2次救急医療機関の負担を和らげる目的で運営しているが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で患者数が減少。発熱者の抗原検査などに協力する医師会所属の医療機関も多く、医師の負担軽減も考慮して診療時間の縮小を決めた。

 

    真相追求 みんなの特報班

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。