愛媛新聞ONLINE

2021
34日()

新聞購読
新規登録
メニュー

料理や学び 世代超えた交流評価

今治・伯方「創作クラブGrian」 内閣府表彰 女性目線 島に活力

2021年1月17日(日)(愛媛新聞)

内閣府の「子供と家族・若者応援団表彰」を受けた創作クラブGrianのメンバー

内閣府の「子供と家族・若者応援団表彰」を受けた創作クラブGrianのメンバー

月1回オープンするコミュニティーカフェ「HoToRi」

月1回オープンするコミュニティーカフェ「HoToRi」

創作クラブGrianが拠点にしている集会所「鎮守の杜」

創作クラブGrianが拠点にしている集会所「鎮守の杜」

 今治市伯方島の女性グループ「創作クラブGrian」(田窪良子代表)がこのほど、内閣府の2020年度「子供と家族・若者応援団表彰(子供・若者育成支援部門)」で内閣府特命担当大臣表彰に選ばれた。幅広い世代が参加する創作ワークショップなどが評価され、メンバーは「今までの歩みを振り返るいいきっかけになった」と喜んでいる。

 

 Grianは13年、博覧会「瀬戸内しまのわ2014」を機に結成。島内の女性ら20人が北浦地区の集会所「鎮守の杜」(旧北浦保育所)を拠点に、料理など趣味や特技を生かしたイベントなどで島を盛り上げている。

 

 選考で注目されたのが、活動を通じた異世代交流。住民を講師に迎えた創作ワークショップには、学生もボランティアとして参加。郷土料理づくりや塩を使ったアートなど地元ならではの学びを提供した。

 

 手作り雑貨などを販売するマルシェや島の課題を話し合う「しまミーティング」の開催など、活動は多岐にわたる。田窪代表は「人のつながりが増えるにつれ、幅が広がっていった」と語る。

 

 20年6月には、地域住民が運営するコミュニティーカフェ「HoToRi」を活動拠点にオープンした。これまでにも連携してきた地元自治会が、育てた野菜を提供するなど地域一体で運営。月1回の営業日には、島民やサイクリストでにぎわっている。

 

 これまでの活動を思い返し「みんなの得意を組み合わせて、やってみたいことを実現できてきた」と田窪代表。「これからも自分たちのスケールで、楽しく続けていきたい」と抱負を語った。

 

    真相追求 みんなの特報班

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。