愛媛新聞ONLINE

2021
32日()

新聞購読
新規登録
メニュー

松山市の3会場

大学入学共通テスト始まる

2021年1月16日(土)(愛媛新聞)

共通テストのため、会場の愛媛大城北キャンパスに入る受験生=16日午前8時半ごろ、愛媛県松山市文京町

共通テストのため、会場の愛媛大城北キャンパスに入る受験生=16日午前8時半ごろ、愛媛県松山市文京町

 大学入試センター試験の後継として初めて実施される大学入学共通テストが16日、愛媛県松山市文京町の愛媛大城北キャンパスなど3会場で始まった。新型コロナウイルス感染対策が施された中、マスク姿の受験生たちが緊張した面持ちで会場入りし、試験に臨んだ。

 

 所管する愛媛大によると、今回は新型コロナ対策として、試験場入り口での手指消毒液の設置や定期的な換気などを実施。また例年は学校関係者や保護者も構内に入れたが、今回は受験生のみに限定している。

 

 城北キャンパスでは午前8時半ごろから受験生が集まり始め、試験前には注意事項の説明を真剣な表情で聞いていた。愛媛大によると、リスニング試験で機器の不具合があった1人が再開テストを受けたほかは大きな混乱はなかった。

 

 1日目を終えた新居浜南高校3年斉藤竜久さん(18)は「傾向が変わった問題もあったが、だいたい力は出し切れた。コロナ対策もしており、ホテルで疲れを取って2日目に臨みたい」と話していた。

 

 16日の試験科目と県内受験者数は、地理歴史・公民5092人(受験率91.7%)▽国語5219人(94.0%)▽外国語5232人(94.3%)▽英語リスニング5228人(94.2%)。

 

 17日の最終日は理科と数学の試験が行われる。今回は、新型コロナ感染拡大の影響を考慮し、学校長が認めた生徒らを対象に30、31日に第2日程を設けており、愛媛でも1人が受験を予定している。

 

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    真相追求 みんなの特報班

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。