愛媛新聞ONLINE

2021
39日()

新聞購読
新規登録
メニュー

9日

5地点で今季最低気温 県内 西条は氷点下4.5度

2021年1月10日(日)(愛媛新聞)

 9日の県内は上空にこの冬一番の寒気が流れ込み、未明に5観測地点で今季最低気温を記録し、南予を中心に積雪した。松山地方気象台によると、南予では10日明け方にかけて大雪となる所がある見込み。気象台は9日午後4時35分に大雪と低温に関する県気象情報を出し、交通障害や電線などの断線、農作物の管理、水道管の凍結などに注意・警戒を呼び掛けている。

 

 気象台によると、西条では1月の観測史上最低となる氷点下4・5度を観測した。大洲で氷点下2・6度、西予市宇和で氷点下4・6度、宇和島で氷点下2・8度、鬼北町近永は氷点下6・4度で、それぞれ今季最低を記録した。

 

 宇和島市では平地でも終日積雪し、市によると同市津島地域では30センチを超える雪も報告された。

 

 交通機関にも影響が及んだ。宇和島自動車の説明では、宇和島市全域で約7割のバス便を運休。午前中には大幅な遅れも発生した。八幡浜市と伊方町を結ぶ路線バスや、松山―福岡の高速バスなども運休した。

 

 松山自動車道では雪のため西予宇和インターチェンジ(IC)―津島岩松ICで前日夜からの通行止めが続いた。大洲北只IC―西予宇和ICは午前4時半~午後2時に通行止めになった。

 

 南予の各警察署などによると、スリップなどによる物損事故が相次いだ。

 

 気象台によると、10日午前6時までに予想される12時間降雪量は多い所で平地7センチ、山地15センチ。同午後6時までの24時間では平地10センチ、山地20センチ。

 

    真相追求 みんなの特報班

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。