愛媛新聞ONLINE

2021
39日()

新聞購読
新規登録
メニュー

16、17日、共通テスト第1日程実施

県内大学 受験シーズン本格化 松山大など願書受け付け

2021年1月7日(木)(愛媛新聞)

 松山大(松山市文京町)で2021年度一般入試と大学入学共通テスト利用入試の願書受け付けが5日始まり、職員が作業を進めている。松山東雲女子大や人間環境大でも願書受け付けが始まっているほか、16、17の両日には共通テストの第1日程が松山大と愛媛大の計3会場で実施される。新型コロナウイルス感染症の拡大が全国で続く中、県内は本格的な受験シーズンに入った。

 

 松山大では6日午後4時現在、一般入試と共通テスト利用入試への出願が、インターネットで計139件届いているという。同大での共通テストや一般入試では、新型コロナウイルス対策として机の消毒や定期的な換気を実施する予定。受験者に対しても検温やマスク着用などを呼び掛ける。入学広報課は「できるだけ対策は講じるので、安心して受験してほしい」と話していた。

 

 同大入試の出願締め切りは、一般入試の薬学部が22日、文系学部が25日。共通テストを利用する前期日程が2月1日。共通テスト利用の後期日程の出願期間は2月10日~3月8日。

 

 

 

 県内のほかの四年制大学の主な出願受付期間は次の通り。

 

 【松山東雲女子大】一般A日程 25日まで

 

 【人間環境大松山看護学部】一般1期 22日まで▽同2期 2月18日まで▽同3期 3月4日まで▽同4期 3月2~23日

 

 【聖カタリナ大】一般選抜・A日程 8~29日▽同・看護学科 同

 

 【愛媛大】1月25日~2月5日(登録は1月18日から)

 

 【県立医療技術大】1月25日~2月5日

 

    真相追求 みんなの特報班

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。