愛媛新聞ONLINE

2021
126日()

新聞購読
新規登録
メニュー

全日本高校バレー2回戦

松山工 第2セット互角も力尽く 清風に0―2

2021年1月7日(木)(愛媛新聞)

【男子2回戦 松山工―清風】相手の攻撃をブロックする松山工の田窪(2)と山下(8)=東京体育館(春の高校バレー事務局提供)

【男子2回戦 松山工―清風】相手の攻撃をブロックする松山工の田窪(2)と山下(8)=東京体育館(春の高校バレー事務局提供)

 バレーボールの全日本高校選手権第2日は6日、東京体育館で2回戦が行われ、愛媛勢は男子の松山工が前回4強の清風(大阪)に0―2で敗退した。

 

 

 

 【評】松山工は全国トップレベルの相手に屈したものの、最後まで食い下がった。

 

 第1セットは高いブロックに押され、わずか13得点。第2セットは松山工もブロックが奮起。楢崎、山下の両センターを中心にチャンスにつなげた。終盤、ジュースに持ち込むも最後は力尽きた。試合を通じ、サーブミスが痛かった。

 

 

 

◆次は4強以上に◆

 

 【松山工・吉田英弘監督の話】 1セット目は気持ちが引いてしまっていたが、2セット目は修正力が付き、前年ベスト4と同等に戦えることが分かった。今後は4強以上を狙い、プレーの精度向上や筋力アップに取り組む。

 

 

 

【高い潜在力 爪痕残す】

 

 負けて満足できるわけがない。だが、胸を張れる一敗ではなかったか。1、2年生主体の松山工は前回ベスト4の清風に0―2で敗れたが、潜在力の高さを示した。

 

 第1セットはいいところがなくワンサイド負け。「気持ちを切り替え、気合を入れ直した」(白川)と第2セットに牙をむいた。

 

 序盤は先に走られ、一時は6点のビハインドを負ったが、気持ちが切れなかった。白川や越智がブロックアウトを取り、着実に得点差を挽回。吉田監督は「落ち着きを取り戻し、強打だけではなく攻撃の選択肢を増やすことができた」。

 

 1セット目のスパイクコースを分析し、武器のブロックも機能し始めた。19―20の場面はハイライトの一つ。田窪、楢崎の2枚ブロックがワンタッチを取ってチャンスボールとすると、白川がレフトから打ち抜き、ついに追い付いた。

 

 好ブロックはまだ続く。23―23で楢崎、木村のつくった壁がセンター攻撃をシャットアウトし、先にセットポイントに到達。楢崎は24―24でも値千金のブロックを披露。「ここは速攻はなく、絶対にエース勝負で来ると張り付いていた」。勝負勘はさえ、得点源から逆にポイントを奪ってみせた。

 

 試合後、吉田監督は「第2セットは取れたセットだった。詰めの甘さと1、2年生主体の経験の差が出た」とうなだれたが、同時に爪痕もしっかりと残した戦いぶりだった。

 

 4大会ぶりの出場、6大会ぶりの1回戦突破。2021年度はどんな上昇カーブを描くか。2年生の田窪は「しっかりと練習して、全国ベスト4を目指す」と宣言した。

 

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。