愛媛新聞ONLINE

2021
39日()

新聞購読
新規登録
メニュー

全日本高校バレー開幕

松山工(男子)見せた実力 2―0で北海道科学大高下す

2021年1月6日(水)(愛媛新聞)

【男子1回戦 北海道科学大高―松山工】第2セット、松山工の越智(10)がスパイクを決め、6―8とする=東京体育館

【男子1回戦 北海道科学大高―松山工】第2セット、松山工の越智(10)がスパイクを決め、6―8とする=東京体育館

 バレーボールの第73回全日本高校選手権は5日、東京体育館で開幕して1回戦が行われ、愛媛勢は男子の松山工は北海道科学大高を2―0で下した。6日は2回戦を行い、松山工は清風(大阪)と対戦する。

 

 男女各52校参加の大会は新型コロナウイルス感染拡大の影響により無観客で実施。準々決勝までは3セット制、準決勝と決勝は5セット制で争われる。

 

 

 

 【評】松山工が重圧のかかるセット終盤に地力を見せ、突き放した。第1セット19―18から山下、白川が連続でスパイクを決め、リードを3点に拡大。次は田窪が相手強打をシャットアウトし、主導権を確実にした。

 

 第2セットも中盤に3点のビハインドを負ったが、ピンチサーバー土居の活躍などでひっくり返した。

 

 

 

◆落ち着いていた◆

 

 【松山工・吉田英弘監督の話】 普段から20―20などを想定した練習をしており、終盤の1点が重くなる場面でも選手が慌てず、落ち着いていた。2回戦の清風は優勝候補。胸を借りる気持ちで、思い切ってやりたい。

 

 

 

【全力プレー楽しみ勝利 1年生がチームに勢い】

 

 「ずっと出たかった大会。緊張するかと思ったが、わくわくが上回った」(白川)。高校バレー最高峰の舞台「春高」を楽しんだ松山工に勝利の女神がほほ笑んだ。

 

 スタメンに抜てきされた1年生越智がチームを勢いづけた。175センチのサウスポーは第1セット、自らのアタックで先制。そのままサーブに移ると、今度は得意のスパイクサーブを連発した。相手レシーブはセッターに返らず、リードを4―0に広げて、スタートダッシュを成功させた。

 

 「コースや勢いなど今までで一番いいサーブを打てた」と越智。全国では小柄な部類に入るが、アタッカーとしても躍動。ブロックにつかまる場面もあったが「楽しんで思い切りプレーできた」。俊敏な動きと切れのある強打で得点を稼ぎ、吉田監督を「愛媛に久々に現れた好素材」とうならせてみせた。

 

 同じ1年生の山下や主力の2年生白川らも発奮。第1、2セットとも終盤までもつれ込む接戦となったが、勝負どころで実力を出し切り、粘る相手を振り切った。白川は「相手の高さにひるまなかった」と胸を張った。

 

 4大会ぶりの出場で1回戦を突破。2回戦は強豪の清風(大阪)と対戦する。白川は「きょうと同じで思い切りぶつかっていきたい」と意気込んだ。

 

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。