愛媛新聞ONLINE

2021
410日()

新聞購読
新規登録
メニュー

全国高校バスケ 県勢敗退

女子・聖カタリナ夢散る 安城学園に67―93

2020年12月26日(土)(愛媛新聞)

 

 バスケットボールの全国高校選手権第3日は25日、東京体育館で行われ、愛媛勢は女子3回戦に臨んだ聖カタリナ学園は安城学園(愛知)に67―93で敗れた。

 

 

 

【評】昨年8強の聖カタリナ学園が3回戦で姿を消した。

 

 序盤は西村のシュートなどで接戦となったが、第2クオーター中盤から3点シュートを続けて決められ劣勢に立った。後半も内角の主導権を握れず、ドライブを中心にした相手の攻撃で連続失点。樫本の3点シュートなどで反撃の機会をうかがったが突き放された。

 

 

 

【3年生鼓舞 託す4強】

 

 2015年以来のセンターコート(準決勝以上)を目指した聖カタリナ学園だったが、持ち味の走力を生かし切れないままの力負け。主将の片松は「こういう試合で勝ちきれなかったのは悔しい。いいプレーができなかった」と声を詰まらせた。

 

 本来はゴール下でのプレーを得意とする西村が、この日は外角周辺にポジションを取った。内角のスペースを広く空け、ほかの選手がドライブで切り込む戦略だったが、ゾーンプレスで重層的に守る相手守備に捕まった。片松も「もっとアタックする機会を増やしたかったが、強くやりきれなかった」と悔やんだ。

 

 停滞する時間が続く中、しきりに仲間に声を掛ける3年生の斎藤の姿があった。身長158センチと小柄な斎藤は、これまであまり試合に出る機会がなかった選手。それでも誰よりもきつい練習に励み、スピードと粘り強い守備という武器を身につけた。後藤監督が「精神的支柱」と評するほど、3年間努力を怠らなかった。

 

 「上級生になった今年に総体がなくなった。それが悔しくて、ウインターカップの試合に出て、絶対センターコートに行こうと思っていた」。今大会は3試合とも体を張ってボールに飛びつく気迫でチームを鼓舞。速さを生かして速攻の起点になるなど、コート内外で存在感を発揮した。

 

 斎藤は「センターコートに行けなかったのは、まだ足りない部分があったということ。悔しいが、この先は後輩たちに託したい」と語り、新チームでの悲願達成を願っていた。

 

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。


    Web会員登録(無料)で月5本まで有料記事の閲覧ができます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログイン/新規登録してください。

    関連・チーム名鑑

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。