愛媛新聞ONLINE

2021
125日()

新聞購読
新規登録
メニュー

身体的虐待が中心

県内高齢者虐待1件増え8件に 19年度施設従事者

2020年12月23日(水)(愛媛新聞)

 県は22日、2019年度の高齢者虐待の状況を発表した。養介護施設従事者らによる虐待は市町への相談・通報が19件(前年度比1件増)で、8件(1件増)が虐待と認められた。

 県によると、施設・事業所別は有料老人ホームで3件、特別養護老人ホームと介護老人保健施設で各2件、小規模多機能型居宅介護などで1件が発生。被害者は8人中6人が女性で、全体の要介護は1~5だった。身体的虐待が中心で暴力的行為や身体拘束があった。勤務態勢の見直しや職員教育などに取り組み、状況は改善されているとした。

 養護者による虐待は市町に230件(20件減)の相談・通報があり、92件(33件減)が虐待と判断された。身体的虐待が75・8%で、心理的虐待31・6%▽介護・世話の放棄や放任16・8%▽経済的虐待10・5%。被害者は女性が7割以上を占め、虐待したのは息子が最も多い。

 市町は虐待者からの分離や介護サービスの利用支援などを行い、高齢者と養護者を支援しているとした。

    真相追求 みんなの特報班

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。