愛媛新聞ONLINE

2021
1028日()

新聞購読
新規登録
メニュー

23日 全国高校バスケ開幕

愛媛代表いざ 男子 新田/女子 聖カタリナ学園・新居浜商

2020年12月20日(日)(愛媛新聞)

 バスケットボールの第73回全国高校選手権(ウインターカップ2020)が23日から7日間、東京体育館などで行われる。全国9ブロックの推薦校と各都道府県の代表校など男女各60校が出場。愛媛勢は男子県代表の新田、女子の四国ブロック代表の聖カタリナ学園と県代表の新居浜商が上位を目指す。

 

 

 

人とボールが動き続ける独自のスタイルで強豪に臨む男子の新田

人とボールが動き続ける独自のスタイルで強豪に臨む男子の新田

人とボールが動き続ける独自のスタイルで強豪に臨む男子の新田

人とボールが動き続ける独自のスタイルで強豪に臨む男子の新田

【男子・新田 的絞らせない攻撃】

 

 展開の速さと高い攻撃力で県予選を圧倒し、2年ぶりの全国切符をつかんだ。初戦から長身の留学生を擁するチームと対戦。持ち前のスピードに加え、相手に的を絞らせない攻撃ができるかが勝ち上がりの鍵になる。

 

 主将の正岡はパスの技術が向上。攻撃の起点として、効率的に得点に結びつくゲームメークが期待される。インサイドで体を張れる平、オールラウンドにプレーできる岡田、外角からシュートを狙える水本ら、どこからでも得点できるのが魅力だ。

 

 地元の実業団チームとの練習などで、高さの対策は考えてきた。内角のスペースを使うことと、高い精度の3点シュートが両立できれば、強豪が相手でも勝機はある。守備面ではマンツーマンとゾーンを使い分ける練習を行っており、連係しながら守り切る意識を徹底したい。

 

 

 

<新  田>

 

   氏  名  学年  身長 出身中

 

選手 永山 哉夢  ③ 162 余土

 

〃  砂川 颯人  ② 183 三津浜

 

〃 ◎正岡 侑真  ③ 178 久米

 

〃  一色 大和  ③ 175 勝山

 

〃  松田 涼太  ② 169 勝山

 

〃  西岡 誠泰  ③ 170 松山南

 

〃  平  凌輝  ③ 184 松前

 

〃  岡田 勇輝  ③ 180 勝山

 

〃  藤橋 昇矢  ① 179 高知横浜

 

〃  橘  透和  ③ 179 内子

 

〃  和田 陽向  ① 170 神奈川原

 

〃  水本連太郎  ③ 176 城西

 

〃  井上 直也  ③ 175 桑原

 

〃  田中 優作  ③ 183 香川香川一

 

〃  武智 雄生  ③ 171 港南

 

監督 玉井  剛

 

(◎印は主将)

 

 

 

四国代表として上位を狙う女子の聖カタリナ学園

四国代表として上位を狙う女子の聖カタリナ学園

四国代表として上位を狙う女子の聖カタリナ学園

四国代表として上位を狙う女子の聖カタリナ学園

【女子・聖カタリナ学園 5年ぶり準決以上 期待】

 

 2月の四国新人大会を制し、県予選決勝でも実力の高さを示した。昨年は強豪ひしめくブロックから8強まで勝ち上がった。今年こそ5年ぶりとなるセンターコート(準決勝以上)を狙いたい。

 

 攻守で強気のプレーが光る片松、183センチの長身で内角を支配する西村が軸。斎藤はゲームを組み立てる力があるだけでなく、精神面でもチームを支える。勝ち上がれば高さのある相手との対戦も出てくるが、攻守の切り替えの速さと外角からの攻撃を軸に、重要局面で流れをつかむ展開に持ち込みたい。

 

 新型コロナウイルスの影響で例年のような対外試合ができていない不安はあるが、山本や松本ら2年生の成長もあり、チームとしてのレベルは全国大会でも引けを取らない。試合を引っ張る好調な選手がいれば、強豪を倒せる可能性は十分ある。

 

 

 

<聖カタリナ学園>

 

   氏  名  学年  身長 出身中

 

選手◎片松 茉優  ③ 167 島根湖東

 

〃  斎藤 瑚夏  ③ 158 岡山竜操

 

〃  西村 春佳  ③ 183 山口美和

 

〃  樫本菜々花  ② 165 松山南

 

〃  中村 理瑚  ③ 158 福岡二島

 

〃  滝野 彩春  ② 155 大阪取石

 

〃  山本 遥香  ② 175 島根松江一

 

〃  松井 胡桃  ② 165 松山南

 

〃  大財 七星  ② 165 松山西

 

〃  福田 那葵  ① 162 津田

 

〃  伊藤花奈子  ① 155 香川丸亀西

 

〃  松本 芽依  ② 171 宇和

 

〃  辻畑 有咲  ② 167 大阪薫英女

 

〃  疋田 美桜  ② 169 松山南

 

〃  藤田 真優  ② 170 津田

 

監督 後藤 良太

 

(◎印は主将)

 

 

 

5人が連係した攻守で初戦突破を狙う女子の新居浜商

5人が連係した攻守で初戦突破を狙う女子の新居浜商

5人が連係した攻守で初戦突破を狙う女子の新居浜商

5人が連係した攻守で初戦突破を狙う女子の新居浜商

【女子・新居浜商 パスで組み立てる伝統】

 

 接戦での強さを生かして県代表校決定戦を制した。高さでは劣るが、パスで組み立てる伝統のスタイルで会場を沸かせ、古豪として地元の期待に応えたい。

 

 攻撃はインサイドの重松、安藤が中心。ガードの横内と村上は走力があり、外角からの攻撃も狙える。相手守備が陣形を整える前に内角にボールを入れることと、ボールを持ってない4人の選手の動きが鍵。攻守とも個人プレーに頼るのではなく、5人全員が連係することが重要だ。

 

 県予選後は、当たり負けをしないよう上半身の強化に取り組んだ。1、2年生の台頭もあり、ポジションごとに競い合ってきた。初戦を勝ち上がれば、昨年の優勝校・桜花学園(愛知)との対戦が見込まれる。粘り強い戦いで1勝し、優勝候補筆頭チームへの挑戦権を得たい。

 

 

 

<新居浜商>

 

   氏  名  学年  身長 出身中

 

選手◎横内 来美  ③ 155 川之江南

 

〃  村上 真佳  ③ 160 伯方

 

〃  森実 優芽  ③ 152 川之江南

 

〃  神野 幸来  ② 162 立花

 

〃  西原 伊吹  ② 158 中萩

 

〃  佐伯杏未花  ② 156 新居浜東

 

〃  真鍋 実玖  ② 160 高浜

 

〃  伊藤 渚姫  ② 169 土居

 

〃  安藤 菜津  ② 170 土居

 

〃  飯尾 美波  ② 166 新居浜北

 

〃  石川ゆりあ  ② 162 川之江南

 

〃  重松 歩沙  ③ 170 今治西

 

〃  合田 陽菜  ① 159 三島南

 

〃  高橋 ゆい  ① 165 東予東

 

〃  伊藤 綸那  ① 160 新居浜西

 

監督 窪田 夕子

 

(◎印は主将)

 

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。