愛媛新聞ONLINE

2021
125日()

新聞購読
新規登録
メニュー

世界レベルの技 児童真剣

西条出身・宇高さん、故郷で柔道教室 

2020年12月19日(土)(愛媛新聞)

柔道教室で宇高さん(中央右)に技のポイントを教わる子どもら

柔道教室で宇高さん(中央右)に技のポイントを教わる子どもら

 柔道女子57キロ級で2014年の世界選手権を制した西条市出身の宇高菜絵さん(35)=ブイ・テクノロジー=を講師に招いた柔道教室がこのほど、同市ひうちの市総合体育館であり、約50人の児童生徒が一流の技を教わった。

 宇高さんは「29歳で世界チャンピオンになれたが、それまでに何度も柔道をやめようと思った。続けることが大切だ」と子どもらを激励。相手の足を後ろから刈る「小外刈り」について「相手のアキレス腱の辺りに足を掛け、つま先が向いている方向に刈って」とポイントを伝授していた。

 大町小6年の伊藤蒔郎君(11)は「寝技や絞め技などを分かりやすく教えてくれた。ポイントを意識し練習をもっと頑張りたい」と話した。

 教室は市と市スポーツ協会が次世代のスポーツ選手の育成を目指す事業の一環で開催した。

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。