愛媛新聞ONLINE

2021
121日()

新聞購読
新規登録
メニュー

一面の銀世界 雪遊び夢中

宇和島など山間部で積雪

2020年12月17日(木)(愛媛新聞)

一面の銀世界となり雪遊びを楽しむ子どもら=16日午後、宇和島市津島町御内

一面の銀世界となり雪遊びを楽しむ子どもら=16日午後、宇和島市津島町御内

 16日の愛媛県内は、冬型の気圧配置の影響でこの冬一番の強い寒気が流れ込み、山間部では積雪も見られた。

 

 松山地方気象台によると、16日午後3時現在で15観測地点のうち8地点で今季最低を記録。西条(0.8度)、伊方町瀬戸(1.9度)、愛南町御荘(2.1度)は最も寒い時期を下回った。最高気温は全地点で1桁台にとどまった。

 

 宇和島市津島地域の山間部に位置する御槙地区では銀世界が広がった。御槙公民館の話では午前11時半ごろから降雪が強まり、正午ごろから積もり始めた。きょうだいとそりで遊んでいた御槙小学校4年の児童(10)は「雪遊びは楽しいけど、すごく寒い」と鼻を赤くしながら雪だるま作りを楽しんでいた。

 

 西日本最高峰の石鎚山も冠雪。標高約1400メートルの石鎚スキー場付近は3~5センチ程度の積雪があった。

 

 気象台によると、17日も気温が低い状態が続き、18日ごろから上昇の見込み。

 

    各種サービス

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。