愛媛新聞ONLINE

2021
56日()

新聞購読
新規登録
メニュー

Xマスに地元の菓子を

新居浜の業者組合 福祉施設に贈る

2020年12月13日(日)(愛媛新聞)

新居浜菓子工業組合の組合員からお菓子を受け取る施設の利用者(右)

新居浜菓子工業組合の組合員からお菓子を受け取る施設の利用者(右)

 クリスマスを前に、新居浜菓子工業組合(越智秀司組合長、18社)は10日、高齢者福祉施設「虹の家」(新居浜市若水町2丁目)とケアサポート・ライカ(同市新須賀町1丁目)を訪れ、入所者らに地元のお菓子をプレゼントした。

 

 市内の4社5人が2施設を訪れた。虹の家では、集まった利用者18人に別子飴(あめ)本舗社長の越智組合長が「ちょっと早いクリスマスプレゼントです。新居浜のおいしいお菓子を食べて元気に楽しく過ごしてください。来年よい年であるように頑張りましょう」とあいさつ。各社自慢の菓子を手渡した。

 

 利用者を代表して合田鈴子さん(91)が「みんな喜ぶと思います」とお礼の言葉を述べた。

 

    各種サービス

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。