愛媛新聞ONLINE

2021
125日()

新聞購読
新規登録
メニュー

短編創作 気分は脳トレ

松山の高齢者施設で作家・田丸さんが指導

2020年11月29日(日)(愛媛新聞)

「ショートショート」の書き方講座で受講者(左)にアドバイスする田丸さん

「ショートショート」の書き方講座で受講者(左)にアドバイスする田丸さん

 愛媛県松山市出身のショートショート(SS)作家、田丸雅智さんによる物語の書き方講座が27日、松山市祝谷6丁目の介護付き有料老人ホーム・松山エデンの園であり、入居者16人が約1時間で「不思議で印象的な結末がある短い物語」を完成させた。

 田丸さんは「右脳の発想力と、左脳の論理的思考力を両方使うことで脳トレになる」と創作の魅力を紹介。「唯一の目標は楽しむこと」と呼び掛け、受講者一人一人のアイデアに驚き、感心しながら「冬」にまつわる言葉を引き出していた。

 受講者は思いついた「冷たい手袋」「毛糸の湯たんぽ」などの言葉を軸に不思議な機能や能力を肉付けして物語を構成。「飛んでくるお歳暮」から想像を広げた70代の女性は、送り手と受け手の思いが一致すると届き、気持ちがかみ合わなければ墜落して、新型コロナウイルス禍の失業者や貧困家庭に再配達されるという不思議な世界を描いた。

 女性は「頭の中をフル回転させて刺激になり、達成感がある」。田丸さんは「見慣れた物を違う角度から見ることで日常や人生が彩り豊かになる」と語った。

    真相追求 みんなの特報班

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。