愛媛新聞ONLINE

2021
35日()

新聞購読
新規登録
メニュー

自転車通学時もマスク着用など

学校現場は感染防止策徹底、警戒強める

2020年11月28日(土)(愛媛新聞)

教職員が呼びかけ、自転車通学時のマスク着用を徹底する松山東高=27日午前、松山市持田町2丁目

教職員が呼びかけ、自転車通学時のマスク着用を徹底する松山東高=27日午前、松山市持田町2丁目

 愛媛県松山市の中学校で起きた新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)を受け、学校現場は感染防止策を徹底し、警戒を強めている。県立学校などは、県独自の警戒レベルが「感染警戒期」に引き上げられた20日から自転車通学時もマスク着用とし、部活動の県外遠征や練習試合を制限。校外での予防を呼びかけるとともに、教職員が放課後の巡回指導に当たっている。

 

 県教育委員会によると、県内では11月に入り、教職員や生徒らの感染確認に伴い、公私立の18校が休校措置をとった。27日現在も中予地域の4校が休校している。

 

 感染警戒期への移行に合わせ、県教委は県立学校と20市町教委に20日付で対策の強化を通知。県外遠征は県代表以上に限り、公共交通機関の利用や会食などの交流を避けるよう示した。23日にも校外での注意喚起を促す通知を出した。

 

 松山東高(松山市持田町2丁目)では27日朝、教職員が「自転車もマスク着用」と書かれたカードを手に校門前に立ち、ほとんどの生徒がマスク姿で登校した。健康観察や換気の徹底に加え、大人数での活動を見直しているという。

 

 佐々木進教頭は「受験生を中心に感染防止への意識が高い」とする一方「校内だけで気をつけても感染は防げない。登下校時や休日など校外での過ごし方にも気をつけてほしい」と話した。

 

 学校生活で感染防止を徹底していても、家庭や友人同士の会食を通して感染が広がるケースが全国的に散見され、和田真志校長は「気の緩んだ場面でマスクを外し、感染した事例も報告されている。教職員にも再度、校外での感染予防を徹底した」としている。

 

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    真相追求 みんなの特報班

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。