愛媛新聞ONLINE

2021
127日()

新聞購読
新規登録
メニュー

最大稼働時に月産約1千万枚

県内マスク3社 優先供給で県などと協定

2020年11月27日(金)(愛媛新聞)

 県と県市長会、県町村会、県内のマスク生産企業3社は26日、需給逼迫(ひっぱく)時に不織布マスクを県内の医療機関などへ優先供給する協定を結んだ。県によると、3社のマスク生産能力は最大稼働時に月産約1千万枚。

 3社は県の不織布マスク生産設備導入支援事業費補助金の交付を受け、新たに参入したり設備を増強したりしたカミ商事(四国中央市)、山陽物産(伊予市)、大黒工業(四国中央市)。

 協定では、県内でマスクの需給が逼迫した場合に県が企業に県内への優先供給を要請でき、企業は計画を報告し適正価格で販売する。県は市町や企業と調整し、医療機関や社会福祉施設、小売店などへ円滑にマスクが届くよう努めるとしている。

 県産業政策課は「県民の安心につながれば」としている。

    真相追求 みんなの特報班

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。