愛媛新聞ONLINE

2021
122日()

新聞購読
新規登録
メニュー

J2第36節・25日

愛媛FC決定力期待 きょう25日アウェー新潟戦

2020年11月25日(水)(愛媛新聞)

 愛媛FCは25日午後7時から、新潟市のデンカビッグスワンスタジアムで新潟と対戦する。愛媛と同じくポゼッションスタイルを掲げる相手。厳しい選手のやりくりは続くが、前節後半はボールを動かしてチャンスをつくれていただけに、得点や勝利に結び付く決定力が求められる。

 前節の群馬戦は後半のチャンスをものにできず、試合終盤にCKの流れから失点して0―1で敗れ、通算成績は6勝9分け19敗(勝ち点27)の21位。今節も引き続き、新型コロナウイルスの陽性者1人と濃厚接触者を含む5人がメンバーから外れている。川井監督は連戦を戦う上での選手起用に関して、5人を欠く現状を「正直痛い」としながらも「今いるメンバーの中で100パーセント勝てる準備をする」と前を向く。

 新潟の通算成績は14勝14分け7敗(勝ち点56)の5位。けが人が複数出ているが、直近5戦を3勝1分け1敗と強さを見せる。途中加入のFW鄭大世、MF本間ら個人の推進力も高い。川井監督は「オープンな試合になる可能性もある」と話し、前節課題として残った決定力のほか、攻守においてサイドでのプレーが鍵になるとみている。

 横谷は「今節に限らず、よりチャンスの数を増やすためには、縦パスやそれが出せるためのポジショニングの意識がもう少しないといけない」と話した。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。