愛媛新聞ONLINE

2021
419日()

新聞購読
新規登録
メニュー

四国六大学野球

聖カタリナ昇格王手 入れ替え戦初戦 徳島大に4―0

2020年11月23日(月)(愛媛新聞)

【徳島大―聖カタリナ大】被安打1で完封した聖カタリナ大・山崎=四国学院大グラウンド

【徳島大―聖カタリナ大】被安打1で完封した聖カタリナ大・山崎=四国学院大グラウンド

 秋季四国六大学野球は22日、香川県善通寺市の四国学院大グラウンドで入れ替え戦(2戦先勝方式)の1回戦を行った。2部1位の聖カタリナ大は4―0で1部6位の徳島大を破り、昇格へあと1勝に迫った。

 

 聖カタリナ大は五回2死から曽我部(新居浜商高出)が押し出し四球を選び先制。八回に2点を加えてリードを広げると、九回は中原(北条高出)の適時打でダメを押した。投げては山崎(小松高出)が完封した。

 

 2回戦は23日に坊っちゃんスタジアムで行われ、聖カタリナ大は勝てば1部昇格が決まる。敗れた場合は同日に3回戦を行い、勝利したチームが来春1部で戦う。

 

 

 

【小松高出2人 投打主役】

 

 1部チームを相手に堂々の戦いぶりだった。この秋、2部リーグ初参戦の聖カタリナ大は一歩も引くことなく、徳島大に4―0で快勝。1季での昇格に王手をかけた。

 

 部員は1、2年生のみの31人。ナインに「いつもと違う硬さが見えた」(沖監督)試合で、小松高出身の2年生2人が投打の主役となった。

 

 「投」は先発した右腕山崎。沖監督の助言で横手投げからアンダースローに転向し、頭角を現した。浮かび上がる軌道の直球を軸に変化球を交え、七回1死まで被安打ゼロの快投を見せた。

 

 「高校のときは周りにいい投手が多く、結果を出せなかった」と山崎。チームを勝利に導き、試合後は満面の笑みを浮かべた。

 

 打っては6番の手嶋主将。五回に先制の口火を切る右前打を放つと、一番の大仕事は八回だった。2死一、二塁の場面で直球をたたき、右越え2点適時打。3―0とし、主導権を確実にした。

 

 創意工夫が快音を生んだ。初打席はタイミングが合わずに凡退。「コンパクトに振るよう切り替えた」。2打席目以降はバスター打法に切り替え、そこから3安打。沖監督の掲げる「考える野球」を実践した。

 

 昇格まであと1勝。手嶋主将は手応えを感じつつ「1部は打球の速さが違った。あすは油断大敵」。目標の達成へ引き締めた。

 

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。