ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1125日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県内愛好者ら9演目

優雅に 幻想の舞台 松前で「能楽の集い」

2020年11月22日(日)(愛媛新聞)

息の合った地謡に合わせて舞う主役=21日午後、松前町筒井

息の合った地謡に合わせて舞う主役=21日午後、松前町筒井

 県内の能楽愛好者らによる舞台「松前町能楽の集い」が21日、松前町筒井の松前総合文化センターであり、町民ら約150人が幽玄な世界を堪能した。

 能楽文化の伝承を目的として愛媛能楽協会が主催した。館内のホールに特設した能舞台では、会員らが日ごろの稽古の成果を披露。長寿を祝う鶴と亀の舞とともに皇帝が舞う「鶴亀」、一ノ谷の戦いで討ち死にした琵琶の名手・平経正を弔う「経正」といった九つの演目を優雅に演じ、会場を幻想的な雰囲気に包んだ。

 愛媛能楽協会の古川道郎事務局長は「新型コロナウイルスの影響で人が集うのは難しいが、公の場でやることが会員の研さんになる。今後も研さんを積みながら普及にも努めたい」と話した。

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。