ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
124日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

J2リーグ第35節・21日

愛媛、後半好機ふい 終盤失点 群馬に0―1

2020年11月22日(日)(愛媛新聞)

【愛媛FC―群馬】後半、シュートを放つ愛媛FC・有田(中央)=ニンスタ

【愛媛FC―群馬】後半、シュートを放つ愛媛FC・有田(中央)=ニンスタ

2月23日の今季開幕戦以来の設置となったビジター席で応援する群馬のサポーター=ニンスタ

2月23日の今季開幕戦以来の設置となったビジター席で応援する群馬のサポーター=ニンスタ

 

 明治安田J2リーグは21日、第35節の10試合を行った。愛媛FCは県総合運動公園ニンジニアスタジアムで群馬と対戦し、0―1で敗れた。通算成績は6勝9分け19敗(勝ち点27)で、順位は21位のまま。

 愛媛FCは後半に主導権を握って攻めたが得点できず、後半38分に失点した。

 愛媛FCは次節、25日午後7時から、新潟市のデンカビッグスワンスタジアムで新潟と対戦する。

 

 【評】愛媛FCは好機に決めきれず、終盤に得点を許して敗れた。

 前半は群馬のプレッシャーを受けてパスの精度が上がらず、攻め手を見つけられなかったが後半に活性化。有田、長沼らがゴールに迫った。ゴールを奪えずにいると、後半38分にCKの流れから失点。最後まで見せ場はつくったものの、追いつけなかった。

 

◆力のなさ感じる◆

 【愛媛FC・川井監督の話】 ファン・サポーターの皆さんにパワーをもらったのに勝てなかったことには力のなさを感じている。(新型コロナウイルス関係の)さまざまな影響は、マイナスに働いてはいなかった。

 

◆交代選手が躍動◆

 【群馬・奥野監督の話】 前半は決めきれずに膠着(こうちゃく)した。後半も良い形で入ったが、前に出てくる圧力を受けた。そこで我慢強い守備と献身性があったのは良かった。交代選手が躍動して結果を出してくれた。

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。