ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
122日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

新型コロナ

県内で新たに6人の感染確認

2020年11月15日(日)(愛媛新聞)

 

 愛媛県は15日、新たに県内で6人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち4人が松山市在住で、20代のサッカーJ2愛媛FC選手1人と、同市正岡小学校の教諭1人が含まれる。県内での感染確認は計129人となった。

 県によると、愛媛FCの選手は14日夜に感染が判明し、選手4人とチーム関係者1人を濃厚接触者として検査している。ほかに一定の接触があった関係者41人を広く検査する予定。愛媛FCは15日午後に県総合運動公園ニンジニアスタジアムで開催予定だったJ2第34節甲府戦を中止した。知事の強い中止要請があったとしている。

 正岡小教諭は12日夕方から寒気があり、15日に検査して感染を確認した。10~12日に勤務しており、市教育委員会は同校の全ての教職員や児童に自宅待機と健康観察を要請している。

 ほかに同市で感染が判明した20代男性会社員は、11日に感染が判明した40代男性会社員2人の同僚。再検査で陽性となった。

 市内のもう1人は50代男性で職業は非公表。濃厚接触者として検査した職場関係者2人も15日に感染が判明しており、今後聞き取りを進める。男性は不特定多数と接する業務ではないとしている。

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。