愛媛新聞ONLINE

2021
228日()

新聞購読
新規登録
メニュー

14日、砥部町陶街道ゆとり公園体育館

バド高校選抜県予選 新田15連覇達成/女子は新居浜東V3

2020年11月15日(日)(愛媛新聞)

【男子団体決勝 新田―新居浜工】第1ダブルスでストレート勝ちした新田・篠原(前)と八坂=砥部町陶街道ゆとり公園体育館

【男子団体決勝 新田―新居浜工】第1ダブルスでストレート勝ちした新田・篠原(前)と八坂=砥部町陶街道ゆとり公園体育館

【女子決勝 新居浜東―松山商】第1ダブルスで勝利した新居浜東・大森(左)と伊藤=砥部町陶街道ゆとり公園体育館

【女子決勝 新居浜東―松山商】第1ダブルスで勝利した新居浜東・大森(左)と伊藤=砥部町陶街道ゆとり公園体育館

【男子団体決勝 新田―新居浜工】第1ダブルスでストレート勝ちした新田・篠原(前)と八坂=砥部町陶街道ゆとり公園体育館

【男子団体決勝 新田―新居浜工】第1ダブルスでストレート勝ちした新田・篠原(前)と八坂=砥部町陶街道ゆとり公園体育館

【女子決勝 新居浜東―松山商】第1ダブルスで勝利した新居浜東・大森(左)と伊藤=砥部町陶街道ゆとり公園体育館

【女子決勝 新居浜東―松山商】第1ダブルスで勝利した新居浜東・大森(左)と伊藤=砥部町陶街道ゆとり公園体育館

 バドミントンの全国高校選抜大会県予選第1日は14日、砥部町陶街道ゆとり公園体育館で男女の団体戦を行った。男子は新田が15連覇を達成、23度目の頂点に立った。女子は新居浜東が3年連続4度目の優勝を果たした。

 

 男子決勝は新田が3―0で新居浜工に快勝。女子決勝は新居浜東が松山商を3―0で下した。

 

 15日は松山北高で男女の個人戦を実施する。団体の優勝校、個人シングルス・ダブルスの1、2位が12月25日から徳島県で開かれる四国予選に進み、団体上位2校、個人3位までが来年3月に福島県で開かれる全国大会に出場する。

 

 

 

【新田 主将2人 役割きっちり】

 

 男子団体15連覇の新田は、沼田と篠原がともに主将を務める。徳永監督によると、絶対的エースがいない中で全員が自覚を持てるよう、しばらくは2年生に入れ替わりで主将を任せた。大会直前に2人を指名し、競技面と生活面で分けてチームをけん引する方針を決定。前例にとらわれない取り組みで、チーム力向上に努めている。

 

 今大会は、その2人の主将がしっかりと役割を果たした。第1ダブルスに出た篠原は「相手に点を取られたときも、流れを切らさずに戦えた」と手応えを口にし、「決勝は緊張して最初が良くなかった」という沼田は第1ゲームこそ接戦となったが、最後は大差をつけ勝負を決めた。

 

 だが篠原は「全体練習ができなかった時期があり、今もチームカラーをつかみかねている。メンバー全員が試合の中でいい雰囲気をつくることが課題」と明かす。沼田も「全国レベルではパワー、フィジカルが弱い」と話し、手放しで喜ぶ様子は最後まで見せなかった。

 

 徳永監督は「練習で課題だったところが試合でも出た。経験不足もあるが、選手たちも試合での課題が理解できたのではないか」と語る。他県の強豪校と張り合うにはまだ道半ば―。そんな状況をうかがわせる試合内容だった。

 

 

 

【新居浜東 ペア1ヵ月 意識を統一】

 

 「決勝が終わって安心したが、課題の多い一日だった」。女子団体は新居浜東が3連覇を飾ったが、1年生の伊藤とペアを組んだ第1ダブルスの2年生大森は、少し疲れたような表情でこの日を振り返った。

 

 準決勝の新田戦は先にダブルス2組が敗れ、連覇が危ぶまれる事態に。大きなプレッシャーのなかで大森、伊藤を含むシングルス3選手が勝利。決勝こそ3―0で早々に試合を決めたが、3連覇の道のりは険しかった。

 

 大森と伊藤はもともとシングルスのプレーヤーで、ペアを組んで約1カ月しかたっていないという。準決勝は連係が十分ではなく、相手ペースで進行する中で焦りが出た場面があった。その反省から、相手を動かしながら自分たちの流れを維持し、緩急をつけて効果的に加点する意識を確認。決勝は冷静さを欠くことなく、危なげない試合運びに成功した。

 

 それぞれシングルスで鍛えた技術力があるだけに、ダブルスとしての伸びしろは大きい。大森は「2人で勝ちきれる自信をもっとつけたい。コンビネーションと併せて、レシーブなどの基礎も見直さないと」と話し、昨年は惜しくも優勝を逃した四国予選での活躍を誓った。

 

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。