愛媛新聞ONLINE

2021
126日()

新聞購読
新規登録
メニュー

12年ぶり選挙戦

新居浜市長選 あす15日投開票

2020年11月14日(土)(愛媛新聞)

 任期満了に伴う愛媛県の新居浜市長選が15日、投開票される。いずれも無所属で、新人の会社役員伊藤久門氏(59)=同市多喜浜1丁目=と、3選を目指す現職石川勝行氏(72)=同市東田2丁目=が、市政の刷新か継続かを巡り一騎打ちを繰り広げている。2008年以来12年ぶりの選挙戦で、両陣営は最後の追い込みに全力を傾けている。

 伊藤氏は市政の若返りを掲げ、市長、副市長の給料を20%削減して子育て支援に充てる施策を前面に打ち出す。街宣車で市内を小まめに回り、現職批判票の取り込みや若年層への浸透を狙い「若者が輝くまちづくり」を呼び掛ける。

 石川氏は地域経済の再生など2期8年の市政運営の実績を訴える。街頭演説では市議や地元選出県議らが全面的にバックアップしている。団体や企業の支援を背景とした組織力を駆使する運動を展開しながら、票固めに余念がない。

 投票は15日午前7時~午後8時に市内37カ所で実施。別子山、大島地区は午後6時で終了。午後9時から市消防庁舎で開票する。

 7日現在の選挙人名簿登録者(有権者)数は9万9280人(男4万7167人、女5万2121人)。13日までに期日前投票を終えたのは8098人(08年同期比29人増)。

 ◇

 愛媛新聞社は15日投開票の新居浜市長選の開票結果などを有料携帯サイト「愛媛新聞モバイル」で速報します。

 

 

    真相追求 みんなの特報班

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。