愛媛新聞ONLINE

2021
123日()

新聞購読
新規登録
メニュー

紅白で作るとお正月用にも

椿

2020年11月13日(金)(リック)

 

椿

椿

椿

椿

●材料(作りやすい分量)

<求肥(ぎゅうひ)>

白玉粉 ・・・・・・・・・100g

水 ・・・・・・・・・・・175g

砂糖 ・・・・・・・・・・200g

片栗粉・・・・・・・・・・適量

<ねりきり>

白あん ・・・・・・・・・500g

求肥・・・・・・・・・・・50g

水あめ ・・・・・・・・・・5g

色粉(赤・黄・緑)・・・・各適量

<紅白椿>(1個分)

ねりきり(白・ピンク)・・・25g

こしあん・・・・・・・・・15g

ねりきり(黄・緑)・・・・各少々

ケシの実・・・・・・・・・少々

 

●作り方

〈1〉<求肥を作る>耐熱容器に白玉粉を入れ、ダマができないように少しずつ水を入れて混ぜ、砂糖を入れる。

〈2〉〈1〉にラップをかけ、電子レンジ500Wで2分加熱し、ゴムベラで混ぜる。さらに3分加熱して混ぜ、1分加熱して練りまとめる。

〈3〉〈2〉を片栗粉を広げたバットに入れ、厚さ1cmにして冷ます。

〈4〉<ねりきりを作る>鍋に白あんを入れ、弱火にかけて水分を飛ばす。〈3〉の求肥から50gを加えて練り、水あめを加える。

〈5〉〈4〉を裏ごしして固く絞ったぬれ布巾に包み、もみ込む。少量取り分けて黄色と緑の色粉で色付けし、残りの半分を赤の色粉でピンクに色付けする。

〈6〉<椿の形に仕上げる>1個分の白いねりきりを手でもみ込んで表面を滑らかにする。少し広げて中心を薄くし、ピンクを少量おいてこしあんを包む。

〈7〉〈6〉の手前を手のはらで押し、写真のように形作る。手前側に花芯をおくくぼみを付け、厚みのある方に三角棒で筋を1本つけて表情をつける。赤の色粉で色付けしたねりきりも同様に。

※写真の赤椿は、赤色の色粉を多めに入れ、茶巾絞りにして絞った口をぐっと押してくぼみを作ったもの。

◆三角棒

 

 

ねりきりに模様をつけるときに使う三角棒。ない場合は、定規にラップを巻いて代用しても。

〈8〉黄色で小さな円錐を作り、とがっていない方に塗り箸で穴をあけてケシの実をつける。〈7〉のくぼみに置き、緑で作った葉をのせる。

 

指導/Satomiパン工房 辰上智美

    真相追求 みんなの特報班

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。