愛媛新聞ONLINE

2021
39日()

新聞購読
新規登録
メニュー

新居浜市長選

私の公約 伊藤久門氏/石川勝行氏

2020年11月11日(水)(愛媛新聞)

石川勝行氏/伊藤久門氏(右から届け出順)

石川勝行氏/伊藤久門氏(右から届け出順)

 15日投開票の新居浜市長選は、いずれも無所属で、新人の会社役員伊藤久門氏(59)=同市多喜浜1丁目=と、3期目を目指す現職石川勝行氏(72)=同市東田2丁目=が論戦を繰り広げている。両候補の主な公約を紹介する。(上から届け出順)

 

 

 

【伊藤久門氏(59)=無所属 市政若がえり目指す】

 

 若者が輝くまち! 市政若がえり! まちづくりの継続性! を目指し、以下の8つの柱、24のマニフェストを進めます。子育て支援には、市長・副市長の給料を20%カットし充当します。

 

 ①給食無料化、出産祝い金制度などによる「子育て優先のまちづくり」②家庭ごみの有料化ストップ、地域バス運行などによる「暮らしやすいまちづくり」③小中学校ICT支援員・ALTの増員、不登校・ひきこもり対策、大学専門校誘致による「人財を育てる教育立市」④買い物困難者支援、こども食堂活動助成、移住定住制度による「福祉の場とコミュニティ創造」⑤新居浜版GoToイート、転入採用支援、IT・ICT企業誘致による「コロナ後の経済・産業復興」⑥ご高齢者のスポーツ場整備、文化スポーツ留学制度などによる「文化・スポーツの基盤整備」⑦市民エコ表彰、交通渋滞緩和などによる「未来型環境(SDGs)都市宣言」⑧市民サービスの土日夜間提供とワンストップ化、公共トイレ・遊具の美化による「市民サービス充実」。

 

 

 

【石川勝行氏(72)=無所属 誰もが幸せ実感 実現】

 

 第3ステージでは、①新型コロナ対策②防災・減災対策③少子高齢化・人口減少対策④地域経済の活性化⑤コミュニティの活性化を市政運営の柱に、これまでの7つの夢(基本政策)の実現に向けた取り組みをさらに深化させ、誰もが幸せを実感できる「笑顔輝く新居浜市」の実現を目指します。

 

 【7つの夢(基本政策)】①安全で快適に暮らせる都市の実現(新型コロナ対策の推進、防災・減災対策の強化、幹線道路の整備促進、5Gの推進)②活力ある産業活動の実現(住友各社との連携強化、産業を支える人づくり、観光・物産の振興)③地球にやさしい暮らしの実現(地球温暖化対策の推進、ごみ減量化の推進)④健康で、生きがいのある暮らしの実現(健康寿命の延伸、子育て支援の充実)⑤市民の力が育まれ、継承される社会の実現(学校教育の充実、コミュニティスクールの推進、SDGsの推進)⑥自立・連携する協働社会の実現(コミュニティの活性化)⑦持続可能な市政の実現(総合戦略の推進、デジタル化の推進)

 

    真相追求 みんなの特報班

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。