愛媛新聞ONLINE

2021
120日()

新聞購読
新規登録
メニュー

県議会特別委 19年度決算

県立4病院赤字 コロナで患者減 

2020年11月3日(火)(愛媛新聞)

 県議会は2日、議事堂で決算特別委員会を開き、2019年度決算の認定に関する4議案の審査を始めた。企業会計の県立4病院について理事者は2億4421万円の赤字で、2~3月の新型コロナウイルスの感染拡大の影響で患者数が減ったためと説明した。

 決算書によると、入院と外来の患者数は延べ108万8530人で、前年度から4万1752人(3・7%)減った。赤字は2年連続で、理事者は「前年度並みの患者数だった場合、2億円程度の黒字が見込まれた」と答えた。県立病院課によると、2~3月は入院が約5%減、外来が約8%減となった。

 20年度はさらに新型コロナの影響が大きく、4~8月の患者数は入院が約18%減、外来が約17%減。理事者は、診療収入が前年度を約17億円下回る状況に言及し「国の支援策も最大限活用し収支改善に努める」とした。

 決算に関し県議会は11日に常任委で部局別調査を行う。

    真相追求 みんなの特報班

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。