愛媛新聞ONLINE

2022
518日()

新聞購読
新規登録
メニュー

伊予銀行カードローンアプリ「SAFETY」

口座引き落としの不安を解消! 収支管理、不足額の予測を通知、借り入れ機能も

PRSponsored by 伊予銀行

2020年11月2日(月)(愛媛新聞ONLINE)

 「今月のクレジットカードの引き落としは大丈夫?」「使いすぎてないかな?」。クレジットカードや電子マネー、QRコード決済など、キャッシュレス決済を利用するシーンが増え、「財布から現金がなくならないから、ついつい使いすぎてしまって」との声も聞かれる。決済方法が多様化するいま、「自身の収入と支出をきちんと把握しておくことが大切」と伊予銀行ダイレクト営業部の担当者がアドバイスする。

 

キャッシュレス決済普及

収支の自己管理が重要に

 日本のキャッシュレス決済比率は、2017年に21.4%(※1)と世界的に見ると低水準だったが、スマートフォンの普及や、2019年の消費増税とキャッシュレス・消費者還元事業の実施で、その比率は上昇している。

 「ポイントが付くからお得」「小銭がいらないから便利」「スマホアプリでのサービス購入や買い物に必要」「新型コロナの感染が心配で、レジでより接触が少ないスマホ決済を利用している」などさまざまなメリットも。銀行口座からお金をおろして、財布に入れ、買い物は現金で、という従来の「お金」の使い方は大きく変わり、「自己管理」することがさらに重要になってきた。

 

今月のクレジットカードの引き落としは大丈夫?

 「アプリ開発にあたり、事前にお客さまのニーズを調査したところ、『今月のクレジットカードの引き落としは大丈夫かな?』との不安を抱えているお客さまが多くいることがわかりました。この不安を解消するサービスとして、伊予銀行のカードローンアプリ『SAFETY』が誕生しました」と開発経緯を説明する。伊予銀行とアクセンチュアが共同開発したアプリ「SAFETY」は2020年5月にリリースされた。

 

お金の流れを「見える化」

 特徴の一つが、自身のお金の流れを「見える化」すること。スマートフォンの家計簿アプリ「マネーフォワードME」を提供するマネーフォワードの技術を活用し、伊予銀行以外も含めた複数口座の預金残高、出入金や口座振替、カード引き落としの予定額を管理することができる。

 

不足額を通知、アプリで借り入れも

 多岐にわたる自分自身の収支をアプリで「見える化」し、不足が予測されると、不足額を通知する機能を持つ。通知が届いた時に、引き落としができるようにカードローンから迅速に借り入れることが可能。事前に登録しておいたカードローンの限度額内であれば、24時間ワンタップで借り入れすることができる。

 利用開始までの流れは①アプリをダウンロードし、借入可能額の目安を診断②診断結果が出た後は本登録へ③チャット形式で情報を入力し、申し込み完了④審査完了したら、契約に進む⑤契約手続きが完了したら、利用開始-となる。本人確認手続きは、オンラインで完結する「LIQUID eKYC」を導入。利便性と同時に、不正利用や犯罪での使用を防止するセキュリティ対策も講じているという。

 

「借りすぎ」も管理

 銀行カードローンは、銀行などの金融機関が提供している資金の使い道を限定しない個人向けの無担保融資。手軽に借り入れができる反面、借りすぎが生じてしまい、多重債務問題の要因になっているとの指摘もある。

 「自身のお金の流れを知ることが、多重債務に陥らないためにも重要です。そして、足りなくなった時のサポートとして、カードローンを利用していただければ、残高不足で引き落としができない状況を回避できます。『SAFETY』には、生活する上でのセーフティネットという意味合いも込めています」(伊予銀行ダイレクト営業部)。伊予銀行は『SAFETY』のキャッチフレーズとして「足りないときに、足りない分だけ」と掲げる。

 カードローンの借入金は、翌々月からの約定返済(毎月契約で決められた返済日に、契約で決められた額を返済すること)。アプリの支出として計算されるため、この支払い分も含めて収支を管理。また、資金に余裕ができた月にアプリ内で一括返済できる機能を11月から搭載予定という。

 

不測の事態に備えるセーフティネット

 新型コロナウイルスの感染拡大で、「仕事が減り、収入が減少した」という不測の事態も生じている。「あらかじめSAFETYで借り入れの限度額を設定しておくと、急な出費や、収入の減少などの不測の事態が生じた場合にも対応できると思います。キャッシュレス決済も多様化していく中で、賢く、安心してお金を管理し、使うツールとして『SAFETY』の活用を提案しています」と話している。

※1 キャッシュレス・ロードマップ(2020年3月31日、一般社団法人キャッシュレス推進協議会)

 

【伊予銀行 SAFETY(カードローン)】

利用可能な方:個人。契約時年齢満20歳以上65歳未満。いよぎん保証の保証が受けられる方。伊予銀行の本支店がある13都道府県に居住。運転免許証、スマートフォンをお持ちの方。

使途:自由(事業資金は除きます)

利用金額:10万円~1,000万円

利用期間:1年毎に自動更新※ただし満65歳を超えて更新はできません。

利用利率:2.0~14.5%

返済方法:

【返済用口座あり方式】

(1)利用残高が発生した月の翌々月の月初第1営業日を初回返済日として、以後毎月第1営業日に約定返済額を指定口座から返済。

(2)毎月の約定返済の他に、都合のよい金額を随時返済可能。

【返済用口座なし方式】

(1)利用残高が発生した月の翌々月の1ヶ月間を初回返済期間とし、毎月月初から月末までに約定返済額以上を入金。

(2)約定返済額超の入金分については、任意返済とする。

必要書類:運転免許証。申し込み金額が50万円超となる場合は、所得確認資料が必要。

担保:不要(いよぎん保証(株)の保証付)

手数料:アプリで借り入れる場合は不要。ATM、インターネットバンキングでの借り入れは通常の出金手数料

 

伊予銀行 SAFETY(カードローン)の詳細は、伊予銀行のSAFETY 詳細ページで確認してください。

PRSponsored by 伊予銀行

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。