ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1124日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

30日

災害時 消防団オール愛媛 県内団長、相互応援体制発足

2020年10月31日(土)(愛媛新聞)

中村知事からのぼり旗を受け取る大西浩司・県消防協会長=30日午後、県庁

中村知事からのぼり旗を受け取る大西浩司・県消防協会長=30日午後、県庁

 大規模災害時に県内の消防団が地域の枠を超えて協力する消防団広域相互応援体制の発足式が30日、県庁であり、20市町の消防団長が団結して災害に立ち向かう決意を新たにした。

 西日本豪雨災害の経験を踏まえ、県と20市町、県内の4広域事務組合は3月末、「県消防団広域相互応援協定」を締結した。協定は、災害により消防力の不足が生じた市町へ県を通じ、他市町の消防団でつくる応援隊を派遣する仕組み。地震や水害、林野火災、航空機事故などでの協力を想定し、合同訓練にも取り組む。

 発足式で中村時広知事は「横の連携をより一層強くし、いざというときに備えてもらいたい」と激励。県が国の委託事業を活用して整備したデジタル簡易無線機計100台、のぼり旗計3本、車両用マグネット計20セットを贈った。

 代表して県消防協会長の大西浩司松山市消防団長が「応援体制は、災害に苦しむ人々へ向けた消防団員の思いの結集。一致団結して県内の消防力の強化に取り組む」と決意を述べた。

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。