ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1126日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

秋季四国高校野球きょう31日準決勝

聖カタリナ エース好調で自信/小松 県大会の雪辱期す

2020年10月31日(土)(愛媛新聞)

 高校野球の秋季四国地区大会第3日は31日、高知市の春野球場で準決勝2試合を行う。愛媛1位聖カタリナ学園と同3位小松の県勢対決があり、勝者は来春の選抜大会出場に大きく前進する。

 両校は県大会準決勝で対戦。聖カタリナ学園はエース桜井が9回被安打4、10奪三振の投球を披露したほか、4番川口が先制本塁打を放ち、6―1で完勝している。

 桜井は四国大会でも初戦の準々決勝で打力のある高松商(香川)を1失点完投。打線は6安打にとどまったが、終盤のチャンスをものにして接戦を制し、チームは自信を深めている。

 雪辱を期す小松は粘り強い戦いぶりで四国大会2勝を挙げ、4強に駒を進めた。守りは越智、古本の投手リレーでともに2失点にまとめ、安定している。打線は本塁打も出て効果的に点を積み重ねており、桜井を攻略できるかどうかが勝敗の鍵となりそうだ。

    関連・チーム名鑑

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。