ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1125日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

午後4時から

最下位脱出へ復調糸口を 愛媛FCきょう25日栃木戦

2020年10月25日(日)(愛媛新聞)

アウェー4連戦を控えた最後のホーム戦に向け練習する愛媛FCの選手=愛フィールド梅津寺

アウェー4連戦を控えた最後のホーム戦に向け練習する愛媛FCの選手=愛フィールド梅津寺

 愛媛FCは25日午後4時から、県総合運動公園ニンジニアスタジアムで栃木と対戦する。前節はホームで1-4の大敗を喫し、3戦連続4失点と今季初の4連敗を記録。復調の兆しさえつかめない状況だが、直近3試合は得点を挙げており、最下位脱出の糸口を見いだしたい。

 通算成績は5勝7分け16敗(勝ち点22)。前節長崎戦は失点直後に同点とするも、立て続けに追加点を許し完敗。川井監督は「攻撃の時間が短く、ボールを奪った後の展開力も欠けた」と分析する。

 栃木は10勝8分け10敗(勝ち点38)の12位。前回8月の敵地での対戦はスコアレスドロー。前線からの激しいプレスをベースとした戦術は、現在ビルドアップに苦戦する愛媛を大いに苦しめることが予想される。川井監督は「相手より、今はわれわれがどんなプレーをするかが重要」とし、現状を「上に行くための壁と考え、課題解決に向かう」と意気込む。

 第23節の岡山戦以降、ボランチでの起用が続く森谷は「守備の時間が長い中でも、自分はボールを保持しながらいかに速く攻められるかを常に考えている」と強調。最下位に沈むチーム状態については「みんなで考えながらやることが後の財産になる。(現実に)向き合いながら、ファンを喜ばせる試合をしたい」としている。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。