ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1129日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

秋季四国高校野球

第1日 1回戦【小松 6-2 鳴門渦潮】小松快勝、終盤5点 鳴門渦潮を振り切る 

2020年10月25日(日)(愛媛新聞)

【鳴門渦潮―小松】8回表小松1死一、三塁、西田が適時二塁打を放ち、2―0とリードを広げる=高知球場

【鳴門渦潮―小松】8回表小松1死一、三塁、西田が適時二塁打を放ち、2―0とリードを広げる=高知球場

 選抜高校野球大会の出場校選考の参考資料となる秋季四国地区大会は24日、高知市の春野球場などで開幕し、1回戦4試合を行った。愛媛3位の小松は鳴門渦潮(徳島2位)に6―2で勝ち、愛媛2位の松山城南は高知中央(高知3位)に0―5で敗れた。

 第2日は25日、同球場などで準々決勝4試合を行う。愛媛1位の聖カタリナ学園は高松商(香川3位)、小松は藤井学園寒川(香川1位)と対戦する。

 

 【評】小松が終盤に得点を重ねて逃げ切った。三回に1点を先制した後は攻めあぐねる展開が続いたが、八回に四球と敵失で得た好機に、西田の二塁打で1点を追加。九回は乳井、西田のタイムリーなど4連打で4点を奪い、優位を確実にした。

 先発越智は制球に苦しんだが、守りの好プレーにも支えられ、4回無失点。2番手の古本も、六回1死三塁の一打同点のピンチを連続三振で切り抜け、流れを渡さなかった。

 

◆最後の2失点課題◆

 【小松・宇佐美秀文監督の話】 後半勝負と思っていたが、中盤以降に球威が落ちてきたところを捉えることができた。(九回は)谷頭と西田がよく打ってくれた。最後の2失点は良い課題。次戦は胸を借りるつもりで戦う。

 

◆終盤粘り良かった◆

 【鳴門渦潮・森恭仁監督の話】 小松に粘り強くやられた。六回の(好機での)連続三振が悔やまれる。何とか耐えていたので、早いうちに追い付けていれば流れも変わった。終盤の粘りは良く、来夏につながる。

 

◆最終回 力入れすぎ◆

 【小松・古本選手】(五回から2番手で登板しリードを守り切る)「最終回は少し勝ちを意識して力を入れすぎてしまった。2死から点を取られてしまい情けない。次は最後の一球まで気を引き締めて投げたい」

 

【つなぐ打線 真価発揮 小松】

 しぶとく攻めて、しっかり守る―。小松が新チーム結成以降に掲げた野球を攻守で体現。四国大会4度目の出場で念願の初勝利を手にした。

 小柄な選手が多く、主軸もバットを指1本分短く持ってつなぎを意識する打線。前半は相手先発の縦に落ちる変化球に苦しんだが、終盤に真価を発揮した。

 八、九回に計5得点。2打席連続の適時打で3打点を挙げた西田は「ボールになる変化球と高めのストレートの見極めを意識し、甘い球を打てた」。三回に先制打を放った赤尾主将も「大振りせず、球に食らいつけた」と笑顔を見せる。

 守りも堅実な動きでノーエラー。三回には1死一塁から左中間を破られたが、中継に入った遊撃手の尾崎が好返球し、本塁を狙った一走を刺して得点を阻止するなど投手をもり立てた。

 昨秋の四国大会初戦でミスを重ねて敗因の一つになった送りバントも、練習の成果を発揮して八つ成功。九回2死からの2失点はあったものの、理想に近い快勝で一つの壁を越え、赤尾は「自分たちで新しい小松の伝統をつくる」。ナインの表情には自信が満ちていた。

    関連・チーム名鑑

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。