ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
124日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

全国高校陸上開幕

尾崎(今治明徳)V 女子ハンマー投げ

2020年10月24日(土)(愛媛新聞)

【女子ハンマー投げ】53メートル55の好記録で頂点に立った今治明徳・尾崎琴音=エディオンスタジアム広島

【女子ハンマー投げ】53メートル55の好記録で頂点に立った今治明徳・尾崎琴音=エディオンスタジアム広島

 陸上の全国高校大会は23日、エディオンスタジアム広島で開幕し、愛媛勢は女子ハンマー投げの尾崎琴音(今治明徳)が53メートル55で優勝した。男子110メートル障害は池田海(松山北)が14秒09で7位、女子棒高跳びは山本遥花(済美)が3メートル50で8位に入った。

 

【勢い持続 有終の美 唯一53メートル超】

 ずっと目標にしてきた55メートルには届かなかったが、勢いを感じさせる投てきを見せ、高校生としての大会で有終の美を飾った。女子ハンマー投げの尾崎琴音(今治明徳)が53メートル55で頂点に立った。「3年間頑張って、最後の大会で優勝できてよかった」と声を詰まらせた。

 今大会は2回の投てきを終えた段階で上位8人が3、4回目に進めるルール。通常の大会よりも回数が少なく、微妙なプレッシャーとなった。1投目がファウルになり、焦りを感じたという尾崎。2投目は「入れにいった感じになってしまった」というが、辛うじて49メートル46の記録を残し、3回目に進んだ。

 「指がしっかりと掛かった感覚はなかった。ただハンマーの軌道が悪くなかったので、何とか入ってくれと願っていた」。その3投目が出場者唯一の53メートル超えとなり、そのまま金メダルを勝ち取った。

 今季は常に50メートルを超える安定した投てきを継続している。冬以降の練習では投げ込む回数を増やし、鋭くハンマーを回せるようになった。今季最初の記録会で54メートル47の県高校新記録を出して自信をつけたことも好調の要因に。「インターハイ(全国高校総体)や国体がなくなって、3年間の努力は無駄だったのかなと思うこともあった」というが、今大会は開催されることへの感謝を胸に準備を重ね、最高の輝きを放った。

 まずは今季、残る記録会で念願の55メートル超えを達成することを当面の目標に据えているという尾崎。高校日本一のタイトルを追い風に、さらなる高みを目指す。

    関連・チーム名鑑

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。