ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1123日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

Bリーグ2部・22日

愛媛OV猛追及ばず 佐賀に82―86 開幕7連敗

2020年10月23日(金)(愛媛新聞)

【愛媛OV―佐賀】第4クオーター、激しい守備を仕掛ける愛媛OV・フェルプス(左)と髙畠=県総合運動公園体育館

【愛媛OV―佐賀】第4クオーター、激しい守備を仕掛ける愛媛OV・フェルプス(左)と髙畠=県総合運動公園体育館

 

【愛媛OV―佐賀】第4クオーター、激しい守備を仕掛ける愛媛OV・フェルプス(左)と髙畠=県総合運動公園体育館

【愛媛OV―佐賀】第4クオーター、激しい守備を仕掛ける愛媛OV・フェルプス(左)と髙畠=県総合運動公園体育館

 

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)は22日、県総合運動公園体育館などで2試合を行い、西地区の愛媛オレンジバイキングス(OV)は同地区2位の佐賀に82―86で敗れ、開幕7連敗となった。(観客134人)

 愛媛OVは、序盤からフェルプスら外国籍選手を起点に点を取り合い、13点差で前半を折り返した。最大17点リードされたが、第4クオーターに相手ファウルから得たフリースローで差を縮め、伊集やステファンらの連続得点で残り1分を切って2点差まで迫ったが、あと一歩及ばなかった。

 次戦は23日午後7時から同体育館で佐賀と対戦する。

 

 [ゴー!オレンジバイキングス]

 【連係向上 闘志前面に】

 第4クオーター残り1分を切って2点差。カットインした髙畠の高い軌道のシュートは、守備をかわしたもののゴールならず。指揮官も「ほんのわずかの差」と表す接戦の末に初勝利を逃した。

 2メートルを超える選手を複数擁し、フリースロー試投数がB2トップの佐賀。体を張ったオフェンスでファウルを誘って流れをつかむ相手に対し、点の取り合いを演じた。

 愛媛OVはミスからの速攻で開いた約10点を追う展開。この試合から合流したフェルプスらがゴール近くの位置取りから力強い切り込みを見せ、相手のファウルがかさんだ第4クオーターがハイライトだった。

 俊野佳らがカットインでファウルを誘ってフリースローで少しずつ点差を縮め、ステファン、フェルプスがゴール下からねじ込んで2点差。総得点数B2最多の佐賀のお株を奪う攻撃で終盤に猛追したが、届かなかった。

 逆転に向け、前線から激しく当たる守備へ切り替えてからの選手の闘志には息をのむものがあり、会場は逆転を信じる空気に包まれた。フェルプスらのゴール下での強さは確かに起点とはなったが、「日本人がもっと自信を持っていい」と庄司ヘッドコーチ(HC)。連係などチーム力は確実に高まっている。あとは初勝利を自らつかむだけだ。

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。