ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1127日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

J2第28節

愛媛FC きょう21日、長崎戦 連敗脱出へ総力結集

2020年10月21日(水)(愛媛新聞)

連敗脱出へ向け、練習に励む愛媛FCの選手=愛フィールド梅津寺

連敗脱出へ向け、練習に励む愛媛FCの選手=愛フィールド梅津寺

 愛媛FCは21日午後7時から、県総合運動公園ニンジニアスタジアムで長崎と対戦する。3連敗中で、内容面でも相手に圧倒される試合が続いている。中2日で迎えるホーム戦。サポーターの前で、攻守両面で勇気を持ったプレーを披露し、全員で苦境を乗り越えたい。

 前節は山形と対戦し、1―4。ボール保持の時間が短く、相手に主導権を握られて攻守とも苦しい試合展開を強いられた。連敗中の3戦は計10失点。川井監督は失点の多さの要因を「(ゴール前での守備などの)局面で覚悟が足りなかった」と分析する。通算成績は5勝7分け15敗(勝ち点22)で最下位。

 厳しい現状にも、吉田真は「結果は出ていないストレスはあるが、クラブが前に進む過程として今はすごく大事な時期で、選手ももがいている。あまりネガティブには捉えていない」と言い切る。チームの成長のため、「この状況から逃げずにやることが、自分たちにプラスの時間になる」と力を込めた。

 通算成績13勝8分け6敗(勝ち点47)で4位の長崎は昇格争い中。川井監督は「力があり、非常に手ごわい」と印象を語った上で「今われわれは相手は関係なく、どうゲームを行うか、勝つためにどうするかという感覚の方が強い。絶対にみんなではい上がる」と課題に向き合う姿勢を示した。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。