ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1128日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

ソフトボール日本女子リーグ

伊予銀サヨナラ負け 松山大会最終日 打線振るわず 

2020年10月19日(月)(愛媛新聞)

【伊予銀行―デンソー】サヨナラ負けを喫したが、延長8回を投げ抜いた伊予銀行の先発・庄司(右)=マドンナスタジアム

【伊予銀行―デンソー】サヨナラ負けを喫したが、延長8回を投げ抜いた伊予銀行の先発・庄司(右)=マドンナスタジアム

 ソフトボールの日本女子リーグ1部第9節は18日、マドンナスタジアムで松山大会最終日の2試合を行い、伊予銀行は0-1でデンソー(愛知)に敗れ、2連敗となった。通算成績は4勝5敗で順位は変わらず6位。ビックカメラ高崎(群馬)は1―0で戸田中央総合病院(埼玉)を下した。

 伊予銀行は先発庄司(済美高出)が7回を無失点に抑えたが、タイブレークの延長八回にサヨナラ負けした。打線が内野安打2本に抑えられ援護できなかった。

 伊予銀行の次節は24日、滋賀県の草津グリーンスタジアムでトヨタ(愛知)と戦う。

 

【先発庄司好投 チーム一丸 延長で涙】

 延長の末に惜敗した伊予銀行だが、パワフルな海外選手を擁する相手に、チーム一丸の粘りで対抗。秋元監督は「負けはしたが、最後まで食らい付いてくれた」と選手の奮闘をねぎらった。

 先発は前日、好リリーフした庄司。三回まではピンチの連続だったが「目の前の打者をどう打ち取るかに集中した」。堅い守りにも支えられ、決定打を許さなかった。

 四~七回は「バックの良いプレーで、自分も乗ることができた」と巧みなコーナーワークと緩急で、1安打ピッチングを披露。0を並べて、延長タイブレークに突入したが、最後はスリーバントスクイズを決められ「1点取られたら負けの場面。警戒心が薄かった」と唇をかんだ。

 打線は速球派の米国人右腕を捉えることができず、2戦連続で沈黙。トップバッターを務めた正木(済美高出)は「どうにかして1点を取る気持ちで打席に入ったけれど、あと一本が出なかった」と悔しさをにじませる。

 黒星が一つ先行し、シーズンは次週の2試合を残すのみ。庄司は「一球で勝負が決まることを胸にとどめて準備したい」。最後は笑って終われるように、地元で流した涙を糧にする。

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。