愛媛新聞の本 オンラインショップ

出版社
愛媛新聞サービスセンター
刊行日
2020年10月
体裁
四六判
ISBN
978-4-86087-151-2

在庫あり

ひとすじの愛

松平みな

価格: 1,500+税

誰しも、心の奥底に、熱い想いを秘めている

30年、時空を超えた忘れえぬ人への想い――。

 

 56歳のイネは、最愛の父を看取り、今、オーストラリア大陸縦断列車「ザ・ガン」に揺られている。思い浮かぶのは、父の言葉と、22年前に離れた日本のこと、そしてあの人のことだった。

 「ほんとうの愛とは何だろう」

 自身が抱える忘れえぬ想い、両親の愛のかたち、そして周りの人々の幾通りもの愛を知る中で、イネが辿り着いたのは――。

 

 第32回愛媛出版文化賞奨励賞受賞作『穣の一粒』や『偶然の点の続き』の著者であるオーストラリア在住の日本人作家が、日豪を舞台に描く小説第三弾。

 

『穣の一粒』

『偶然の点の続き』

 

出版社
愛媛新聞サービスセンター
刊行日
2020年10月
体裁
四六判
ISBN
978-4-86087-151-2

注文する