ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1125日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

四国アイランドリーグplus

愛媛MP、1勝1分け 徳島とダブルヘッダー

2020年10月16日(金)(愛媛新聞)

【愛媛MP―徳島】ダブルヘッダー第2試合の7回裏愛媛MP1死満塁、右前にサヨナラ打を放った潤米=東予球場

【愛媛MP―徳島】ダブルヘッダー第2試合の7回裏愛媛MP1死満塁、右前にサヨナラ打を放った潤米=東予球場

 

【愛媛MP―徳島】ダブルヘッダー第2試合の7回裏愛媛MP1死満塁、右前にサヨナラ打を放った潤米=東予球場

【愛媛MP―徳島】ダブルヘッダー第2試合の7回裏愛媛MP1死満塁、右前にサヨナラ打を放った潤米=東予球場

 

 四国アイランドリーグplus(IL)は15日、東予球場で2試合を行った。愛媛マンダリンパイレーツ(MP)は徳島とのダブルヘッダーで、第1試合を2―2で引き分け、第2試合は2―1で勝利した。

 愛媛MPは1戦目、最終回に試合を振り出しに戻された。2戦目は同点で迎えた七回に、潤米がサヨナラ打を放った。

 2試合とも7イニング制で実施された。

 

[愛媛―徳島21回戦]

 【評】愛媛MPは最後に追い付かれ勝ちを逃した。2―1の七回、先発の正田が先頭に二塁打を許し、犠打で1死三塁とされると、スクイズを決められた。正田は7回を2失点にまとめたが、踏ん張りきれなかった。

 打線は1点を追う三回、岡村の犠飛と真崎の適時二塁打で逆転に成功するも、その後は好機をつくれなかった。

 

[愛媛―徳島22回戦]

 【評】愛媛MPは最後に打線がつながりサヨナラ勝ちした。1―1の七回、先頭の中西(今治西高出)が四球を選んで出塁。有間のこの試合3本目の安打などで1死満塁と攻め、潤米が右前に適時打を放った。

 先発の平松は7回を最少失点にとどめる好投。ストレートを決め球にして、被安打3に抑え試合をつくった。

 

◆投手陣よく投げた◆

 【愛媛MP・河原監督】(ダブルヘッダー1勝1分けに)「野手の守りでミスはあったが、投手陣は(登板間隔が短い中で)よく投げた。(残り5試合は)上位チームを少しでも苦しめられるように戦いたい」

 

◆ファンに元気を◆

 【愛媛MP・高尾選手】(リーグ初スタメンの2戦目で初安打)「追い込まれてからはチームバッティングを心掛けた。ヒットランプを見ると、気分が楽になった。残り試合はファンに元気を届けられるようにしたい」

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。