ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1124日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

8月22日以来

ホーム白星飾りたい 愛媛FCきょう3日、山口戦

2020年10月3日(土)(愛媛新聞)

連勝が懸かる山口戦を前に、選手に指示を出す川井監督=愛フィールド梅津寺

連勝が懸かる山口戦を前に、選手に指示を出す川井監督=愛フィールド梅津寺

 愛媛FCは3日午後6時から、県総合運動公園ニンジニアスタジアムで山口と対戦する。前節は6試合ぶりの得点と勝利で最下位を脱出、守備面では3戦連続無失点と、攻守で復調の兆しを示しつつある。8月22日以来のホーム白星を飾り、勢いを付けたい。

 通算成績は5勝6分け12敗(勝ち点21)の20位。前節岡山戦では、終盤に貴重な先制点を奪取。試合を通して相手の猛攻をしぶとく耐え抜いた。川井監督は「守備が安定しているため、最後までチャレンジできた。われわれが持つものを少しずつ思い出してきている感覚」と振り返る。

 山口は6勝4分け13敗(勝ち点22)の19位。7月の前回対戦時は敵地で3―0と完勝したが、直近4試合は3勝1敗と好調で油断できない。指揮官は「前回よりも後ろが安定し、バランスが取れている印象。大胆さにも注意し、我慢強く戦いたい」とする。

 守備陣を率いる山崎は3戦連続の無失点に「相手に助けられている。納得はしていない」と気を引き締めながら「勝ちながら課題を改善できるのが一番いい。続けていきたい」と意気込んでいる。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。