ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1125日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

with 愛媛FC

続ける 森谷賢太郎

2020年10月3日(土)(愛媛新聞)

J1川崎での経験をもとに「チャレンジし続けることが大事」と話す森谷賢太郎=9月26日、ニンスタ

J1川崎での経験をもとに「チャレンジし続けることが大事」と話す森谷賢太郎=9月26日、ニンスタ

 2018年に川井監督が就任して以降、愛媛FCはGKからパスをつないでビルドアップする戦い方を少しずつ成熟させてきた。だがここ最近は、低い位置でのミスで2失点した町田戦をきっかけに消極的となり、強みを出し切れず無得点が続く「負の積み上げ」(川井監督)ができてしまっていた。

 それでも、イレブンはやり方を変えずに貫き通し、状況を打開しようとしている。

 今季攻撃の起点になっている森谷賢太郎は、今と似たような状況をJ1川崎でも経験した。ボールを持って速いパスをつなぐ攻撃に取り組んだが、思うように結果が出ず、周囲に「ボールを前に蹴って、堅守速攻でいいんじゃない?」と言われたという。

 「でも諦めずにやり続けたから、今川崎は強くなり、ファン・サポーターも誇りに思えるクラブになっている。僕たちも、愛媛FCのサッカーをどんどん築いていくべきだ」

 短くパスをつないで相手の陣形を崩した前節岡山戦の決勝点は、チームが追求し続けた成果の一つ。さらなる積み上げには時間も根気も必要だが、「チャレンジし続けることが大事」と森谷。簡単なことではないからこそ、挑戦者たちの背中を押すのは、他ならぬホームのサポーターであってほしい。

    関連・チーム名鑑

    キーワードで関連記事を検索できます

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。