ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1029日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

国際線再開の時期は不透明

松山―上海欠航 12月末まで延長

2020年9月29日(火)(愛媛新聞)

 県は28日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で10月24日までの欠航が決まっていた中国東方航空の松山―上海線について、12月31日まで欠航が延長されると発表した。

 同路線は月、金曜の週2往復。ソウル線は10月31日、台北線が12月31日までの欠航が決まっており、松山空港の国際線は全3路線の運航が止まっている。

 政府は10月初めにも全世界からの入国を条件付きで再開する方向で調整に入っているが、県国際交流課は「政府は国内の主要空港から徐々に入国を緩和する方針で、松山空港の国際線再開の時期は不透明」としている。

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。