ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1021日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

子どもの支援に広く役立てて

異業種交流会が県の子どもの愛顔応援ファンドに寄付

2020年9月29日(火)(愛媛新聞)

 

 県内企業による異業種交流会「メタボ会」(中岡数夫会長、約60人)が28日、県が創設した「子どもの愛顔(えがお)応援ファンド」に20万円を寄付した=写真。

 同会は異業種の会員間の交流や研修の場として2008年にスタート。新型コロナウイルス感染拡大の影響で本年度の活動が縮小したため、会費の一部を寄付に充てた。

 県庁で贈呈式があり、目録を受け取った中村時広知事は、寄付金と同額を県が積み立てる同ファンドの趣旨などに触れ「期待に応える活用につなげていく」と謝辞を述べた。中岡会長は「子育てや子どもの支援に広く役立ててもらいたい」と語った。

    キーワードで関連記事を検索できます

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。