ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1031日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

秋季四国高校野球・県大会

第1日 1回戦【聖カタリナ学園 5-1 今治西】聖カタリナ接戦制す 今治西は強攻策実らず

2020年9月27日(日)(愛媛新聞)

【今治西―聖カタリナ学園】1失点で完投した聖カタリナ学園・桜井=坊っちゃんスタジアム

【今治西―聖カタリナ学園】1失点で完投した聖カタリナ学園・桜井=坊っちゃんスタジアム

 【評】聖カタリナ学園が粘る今治西を終盤に突き放した。2―1の八回、代わった相手投手を攻めて好機をつくると石川、高岡の連続適時打で2点を挙げ、優位を確実にした。1失策は記録したが、好守備も光った。

 今治西は三回、門田の適時打で一時同点に追い付いたが、以降は本塁が遠かった。強攻策が実を結ばなかった。

 

◆好投を援護できず◆

 【今治西・門田一塁手】(三回に適時二塁打を放つなど3安打)「外角の真っすぐに狙い球を絞って打てたが、全体として変化球の対応が後手に回り、残塁も多かった。投手陣が最高のピッチングだっただけに悔しい」

 

【エースが勝利の立役者】

 聖カタリナ学園のエース桜井が投打で活躍した。終盤までロースコアの接戦となった今治西との一戦で、勝利の立役者となった。

 投げては135球で1失点完投。最速140キロ台前半の速球が魅力だが、この日は「伸びがなく、変化球も決まらなかった」と辛口の自己評価。積極的に振ってきた今治西打線に10安打を浴びたが、要所を締めた。

 ハイライトは1点リードで迎えた6回の投球。2死一、三塁の場面で、直球で追い込むと、決め球は外角低めの変化球を選択。バットは空を切り、ピンチを脱出した。試合を通し「大事なところで変化球が低めに決まってくれた」と好投の要因を分析した。

 打っても先制と決勝点につながる3安打。8月の県夏季大会は、2回戦の新田戦で先発を任されたが、5失点して6回途中で降板し、コールド負けした。「同じことにならないように」。期待の右腕は言葉に力を込め、制球力などの向上を誓った。

    ※秋季高校野球(愛媛県大会)の写真販売特設サイトはこちら

    関連・チーム名鑑

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。