ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1022日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

秋季四国高校野球・県大会

第1日 1回戦【今治東 0-9 新田】新田、零封でコールド 今治東、序盤の好機逃す

2020年9月27日(日)(愛媛新聞)

【新田―今治東】1回裏新田1死一、二塁、古和田が左前適時打を放ち先制する=坊っちゃんスタジアム

【新田―今治東】1回裏新田1死一、二塁、古和田が左前適時打を放ち先制する=坊っちゃんスタジアム

 【評】新田が中盤に集中打を浴びせ、快勝した。2―0の五回、乗松と長谷川の連続適時打で3点を追加。六回も3連打で4点を挙げダメを押した。投げては森、長谷川が継投し無四球で零封した。

 今治東は三回まで毎回2安打し、好機をつくったが決定打が出なかった。左腕石崎は疲れの出た中盤に制球力を欠き、つかまった。

 

◆思い切り振った◆

 新田・長谷川中堅手(三塁打2本。投げても3回無失点)「外野守備が浅かったので、思い切り振ったら越えていった。投球面は、四球を出すと流れが悪くなる。先発した森も含め、無四球で終えられたのはよかった」

 

◆一本が出なかった◆

 今治東・村上捕手(8安打無得点の敗戦に)「序盤は相手と同じくらい安打が出て、窮地も最少失点に抑えた。連打で複数失点し、こちらは得点機で一本が出なかった。全員が試合に出られる力をつけていきたい」

    ※秋季高校野球(愛媛県大会)の写真販売特設サイトはこちら

    関連・チーム名鑑

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。