ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1027日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

秋季四国高校野球・県大会

第1日 1回戦【西条 1-2 松山商】松山商先制、逃げ切る 西条は得点機生かせず

2020年9月27日(日)(愛媛新聞)

【松山商―西条】1回裏松山商2死一、二塁、亀井が右越えに2点二塁打を放ち先制する=今治球場

【松山商―西条】1回裏松山商2死一、二塁、亀井が右越えに2点二塁打を放ち先制する=今治球場

 【評】松山商が初回に挙げた2点を守り切った。2死一、二塁から亀井のライトオーバーの二塁打で先手を取った。先発の松崎が被安打9で完投。初回から伸びのある直球がさえ、三回の犠飛による1失点にとどめた。

 西条は1点を追う八、九回にチャンスをつくったが、あと一本が出ず、好投の門田を援護できなかった。

 

◆野手に迷惑かけた◆

 【松山商・松崎投手】(9回1失点で完投)「腕を振ってストライクを投げようと思っていたが、ボールが先行し野手に迷惑をかけた。(終盤のピンチは)守勢でも、攻める気持ちで打者に向かっていくことができた」

 

◆初回の失点響いた◆

 【西条・門田投手】(8回被安打5の力投も涙)「バックを信じて要所を締めることができたが、初回の失点が響いて、チームを勝たせることができず悔しい。ストレートと変化球の精度を、もう一度鍛え直したい」

    ※秋季高校野球(愛媛県大会)の写真販売特設サイトはこちら

    関連・チーム名鑑

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。