ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1029日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

前半戦終え最下位

後半戦巻き返し狙う 愛媛FCきょう26日 金沢戦

2020年9月26日(土)(愛媛新聞)

金沢戦に向けてセットプレーなどを確認する愛媛FCの選手=愛フィールド梅津寺

金沢戦に向けてセットプレーなどを確認する愛媛FCの選手=愛フィールド梅津寺

 愛媛FCは26日午後7時から、県総合運動公園ニンジニアスタジアムで金沢と対戦する。前半戦を終え通算成績は4勝5分け12敗(勝ち点17)の最下位だが、前節は攻守でアグレッシブな動きを披露し、後半戦での浮上の可能性を示した。チームとして成長しながら、着実に勝ち点を積み上げていきたい。

 前節新潟戦は0-0と4試合連続無得点となったが、ゴールに迫る回数は増え、体を張る守備も徹底した。川井監督は「面白くなかった群馬戦から修正し、愛媛らしさを出せた」と振り返る。

 金沢は7勝6分け8敗(勝ち点27)の13位で折り返し。前線からの激しいプレスやマンツーマンマークなどタフなサッカーが特長で、愛媛は前回、3点差をひっくり返される大逆転負けを喫している。川井監督は「前半戦の中でも特に悔しい思いをした。フィニッシュの回数増加に特化して臨みたい」とする。

 前節で守備ラインを統率した西岡輝は「一人一人の守備の基準がワンランク上がった」と手応えを語る。後半戦へ「今の順位が自分たちの評価で、ふがいないが、巻き返せるメンタルでいる。同じ相手に2回負けることは許されない。ピッチで思いを証明したい」と意気込んだ。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。