ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1021日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県議会一般質問・西岡新氏(無会派)

ネット中傷、厳正対処 19~20年8月末 計8件検挙 県警本部長

2020年9月24日(木)(愛媛新聞)

西岡新氏(無会派)

西岡新氏(無会派)

 9月定例県議会は23日、一般質問を続け、石川稔(リベラル)西岡新(無会派)大石豪(自民)の3氏がインターネット上の誹謗(ひぼう)中傷の取り締まりや動物愛護などをテーマにした。24日は新田泰史(自民)田中克彦(共産)菊池伸英(無会派)の3氏。

 

 ―新型コロナウイルスに関し問題となったインターネット上の誹謗(ひぼう)中傷への取り締まり状況は。

 篠原英樹県警本部長 法令に触れると認められる場合、被害者の意向を踏まえつつ、IPアドレスなどの発信元の特定や電子記録の解析などの捜査を進めている。2019年は5件、20年は8月末までで3件に名誉毀損(きそん)罪を適用し検挙した。新型コロナ関連を含む事案を認知した場合も他と同様に法と証拠に基づき厳正に対処する。関係機関と連携し、県民のネットリテラシー向上に資する取り組みも進めていく。

 

 ―内部統制による組織改編の狙いと効果は。

 高石淳総務部長 各部門にあった公共工事の入札手続きや検査の業務を分離し、総務・出納部門に集約した。本庁が出先機関を指導監督する体制を新たに構築し、さらなる業務の透明性を図っている。専門性の向上や組織相互チェック機能の強化、改善策の共有化が進むことで、談合などの不正の防止をはじめ、事務処理上のリスク軽減、効率的・効果的な遂行ができると期待している。引き続き県民に信頼されるよう、適切な業務執行に努める。

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。