ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1031日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

サッカー天皇杯

松山大5失点 初戦敗退 FC徳島に屈す 

2020年9月24日(木)(愛媛新聞)

 サッカーの第100回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)第2日は23日、高知市の春野総合運動公園陸上競技場などで2回戦15試合が行われ、愛媛代表として2年連続出場した松山大は、徳島代表のFC徳島に0―5で完封負けし、初戦敗退した。

 アマチュアシードのホンダFCは常葉大(静岡)を2―1で退けた。日本フットボールリーグ(JFL)勢同士となった対戦はラインメール青森が3―0でいわきFC(福島)に完勝した。

 2回戦の残り1試合は30日に行われる。3回戦は10月28日と11月11日。

 

 【評】FC徳島が5得点を挙げて大勝した。前半12分に中林の左足のシュートで先制。さらに同40分に松本が豪快に決めて、追加点を奪った。後半も3得点をマークし、突き放した。松山大は守備を崩されて、大量失点した。

    キーワードで関連記事を検索できます

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。