ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1021日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

J3第16節・19日

今治先制守り切れず 相模原に1―1 沢上が移籍後初ゴール

2020年9月20日(日)(愛媛新聞)

【相模原―FC今治】前半、積極的にシュートを放つFC今治・沢上(右)=相模原ギオンスタジアム

【相模原―FC今治】前半、積極的にシュートを放つFC今治・沢上(右)=相模原ギオンスタジアム

 

【相模原―FC今治】前半、積極的にシュートを放つFC今治・沢上(右)=相模原ギオンスタジアム

【相模原―FC今治】前半、積極的にシュートを放つFC今治・沢上(右)=相模原ギオンスタジアム

 

 明治安田J3リーグは19日、第16節8試合を行った。FC今治は神奈川県の相模原ギオンスタジアムで相模原と対戦し、1―1で引き分けた。通算成績は5勝7分け4敗(勝ち点22)で順位は10位のまま。

 FC今治は後半9分、沢上の移籍後初ゴールで先制したが、終盤にセットプレーから追い付かれた。

 FC今治は次節、22日午後2時から、福島市のとうほう・みんなのスタジアムで福島と対戦する。

 

 【評】FC今治は先制点を守り切れず、白星を逃した。

 後半9分、桑島の折り返しから沢上が移籍後初得点を挙げた。しかし、39分に上原が2枚目のイエローカードで退場となり数的不利に陥ると、直後のプレーで失点。その後も相手の猛攻にさらされたが、GK修行の好セーブで追加点は許さなかった。

 

◆互角の試合だった◆

 【FC今治・リュイス監督の話】 互いに決定機をつくるなど、互角の試合だった。ただレッドカードから、相手を勢いに乗せてしまった。すぐに次戦だが、今治には戻らず現地で準備できるので、いい形で臨みたい。

 

◆失点後も畳みかけ◆

 【相模原・三浦監督の話】 簡単なミスから先制を許したが、同点に追い付いたことは評価したい。失点後も切れることなくゴールを目指し、畳みかけることができた。次戦のアウェーでは勝ち点3を取って帰ってきたい。

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    キーワードで関連記事を検索できます

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。