ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1031日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

14日現在

県内新型コロナ陽性率2.9% 全国平均下回る

2020年9月18日(金)(愛媛新聞)

 

 県は17日、新型コロナウイルスの感染状況を読み解く指標の一つである陽性率について、6月末までが検査2613件に対し陽性82人で3・1%、7月以降が1325件に対し32人で2・4%だと公表した。9月14日現在の累計は2・9%(全国平均4・8%)。

 中村時広知事は、陽性率が高ければ地域で感染が拡大しており、低ければ感染状況が落ち着いていると考えられることや、検査数が増えれば陽性率が下がることなどを説明。「状況を踏まえて意味を分析する必要がある」と指摘した上で、県内の陽性率は7月以降も全国平均を下回り、中四国の近隣県と同水準とした。

 県は16日に新型コロナの感染疑いで医師から要請があったウイルス検査11件は全て陰性だったと発表。17日午後1時現在の県内の入院患者は1人で、8月23日以降、感染確認ゼロが継続している。中村知事は9月以降に感染者が確認されていないのは愛媛を含め4県で、愛媛の25日間が最長と説明。「県民が感染回避活動を取り、夏休み期間も気を付けながら行動した結果」として継続的な対策を呼び掛けた。

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    キーワードで関連記事を検索できます

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。